忍者ブログ
アマチュア・オーケストラのホルン吹きが、クラシック音楽やオーケストラの楽しさをお伝えします。クラシックをもっと楽しく、もっと身近に感じてもらえれば嬉しいデス♪
オーケストラのリンク
那須フィルハーモニー管弦楽団非公式ホームページ
私の所属していたオーケストラです。
2人目妊娠した為3月の演奏会には出られないので、現在休団中。
栃木ホルンクラブ
栃木県最大のホルニスト集団。メンバーの多くは栃木県交響楽団(通称:栃響、県内最大のアマチュアオケ)に入っています。次の演奏会はいつなんだろう・・・。
栃木県交響楽団
通称、栃響(とちきょう)。県内最大のアマチュアオーケストラ。那須フィルの定期演奏会には栃響の方にお手伝いをお願いして、一緒に演奏してもらっています(那須フィルのメンバーだけでは演奏する為の人数が足りないので)。2011年に入団しまして、6月の定期演奏会から団員として参加しています。
TOMO's ROOM
大学時代のオケの後輩、TOMO氏のホームページ。オリジナル曲やホルンアンサンブル曲などがアップされています。
獣医なリンク
石井動物病院
石井一功先生のHP。私のもっとも尊敬する先生。
牛獣医師のアグリコーチング現場
山本浩通獣医師のブログ。「農家さんに、前向きに楽しく家畜の疾病予防に取り組んでもらうには、獣医師には何ができる?」多くの獣医師を悩ませたこの問いに対しての、一つの答え。畜産現場でのコーチングについて、早くから気付いていらっしゃった。すごい。
安全安心な国産牛乳を生産する会
バイオエタノール燃料開発の煽りを受けてエサ代が高騰し、原油価格も上昇。それなのに牛乳の価格は30年前からわずか10円しか変わっていません。このままでは酪農経営が立ち行かなくなってしまいます。牛乳価格30円upにご理解とご協力を!!



広告
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
うしグッズ
うしグッズで紹介するモノたちは、すべて楽天で購入できます♪画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

flying pig フライング・ピッグ[ルミネーションズ]
組み立てて、ハンドルをぐるぐる回すと牛が咀嚼します!妹にもらったの、まだ組み立ててないデス。なんかもったいなくて。。。
価格840円(税込)


lamb-lamb ipod 2nd NANO Tattoo skin [Milk cow]
iPod NANO専用のスキン。これでiPodもお気に入りの牛柄に♪
価格945円(税込)
あなろ(インテリア雑貨)




牛柄 モーモーツイルプリント
牛柄の生地を見つけました♪これでオリジナルウシ柄グッズを作れますよ~。
価格60円(10cmあたり、税込)
マブチネットショップ

お買物は楽天で♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今朝のクラシックカフェを聴きながら、旦那に

「・・・この曲、誰の曲か知らないんだけど、聴いたこともないんだけど・・・チャイコフスキーの曲な気がする。」

と言ったら、旦那は

「なんかね、白鳥の湖っぽい感じがする。」

と言いました。


曲を聴き終わって、今放送された曲のアナウンスを聴くと。
チャイコフスキーの交響曲『マンフレッド』でした。

おとーちゃんの耳は、意外に鋭いのです。
侮れないなぁ。



実は、月曜日も似たようなことがあって、月曜日の朝はクラシックカフェの放送時間に、金曜日の午後に放送される「気ままにクラシック」の再放送をやっているのですが、21日朝の放送でやはり「・・・この曲、チャイコフスキーっぽい」ということがありました。

聴いたことない曲だったので、何の曲だろうな?と思って聴いていましたが、それはチャイコフスキーの交響曲第1番の第3楽章でした。

『マンフレッド』にしても1番にしても、なんてマニアックな選曲なんでしょう。


チャイコフスキーでクリスマス、と言えばやっぱりバレエ「くるみ割り人形」でしょう。この時期はバレエの上演も多いし、バレエ組曲「くるみ割り人形」として、コンサートでもよく演奏されます。
くるみ割り人形も演奏したことがあります。
聴くぶんには大好きだし、メロディーも素晴らしくてつい口ずさんでしまうのですが、実は吹いてもあまり楽しくない・・・・のです( ´゚д゚`)

とくに!花のワルツなんか!花のワルツなんか!

苦しいばっかりで全然報われないヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
一見ホルン的にオイしそうですが、あんなストイックな譜面、ちょっとお目にかかれないですヨ。
あんなにかわいい曲なのに。積極的に吹きたいとは思いません・・・(;´Д`)


ところで。

今、スカパー!のクラシックカフェで、レニー様の第九放送中です。
ウィーンフィルです。


あぁ、レニー様・・・ステキ(´∀`*)ポッ
PR


今日は冬至でつね。


:(;゙゚'ω゚'):サムィー



大学時代所属していた学生オケでは、降り番の人は外か学生ホールでさらっていました。部室棟を立て替えていたので、そのあいだは間に合わせの古ーい建物を部室として使っていて、部室以外に練習できる場所がなかったため、やむなく外でさらっていたのでした。

寒風吹きすさぶ中、よくさらってたよなぁ・・・。
若かったんだなぁ・・・。
今はとてもそんなことできません。

金管楽器はボディーが金属でできているので、吹いている間は息であったまっているのですが、ひとたび休んでしまうとあっという間に冷えてしまいます。冬の寒空の下、冷えた楽器を触る時の恐怖と言ったら・・・!冷え症の私には拷問に近いことです。かといって、手袋してたら楽器が滑って危ないし(金属だから)。キー操作はしにくいし。手が小さいので、結構しんどいんですよ、手袋の厚みが。ホルンは左手小指で結構な重量を支えているので。


オケのあった大学の冬の風景と、練習の熱気と、友人とさらった時間と、モスですすったあったかいお茶と、一嘉さんの指揮と、極寒の兼松講堂と、ブラ1。冬になると、思い出す懐かしい光景です。



注)
○一嘉さん
指揮者の田中一嘉氏。私の所属していた学生オケと長くお付き合いくださっているマエストロで、恐れ多くも、親しみをこめて皆、「いっかさん」とお呼びしていました。
○ブラ1
私の初めて乗ったシンフォニーで、3月のスプリングコンサートでのメインでした。この時は4thで乗りました。2楽章のタシェット、3楽章のinH、寒ーい合奏部屋のトリプルで悩まされたことが思い出されます。


あぁ・・・ホルンを吹いてません。
3月の定期演奏会以降、一度も吹いていないので、かれこれ9か月。

ロータリーが回るかどうか、心配です(なら早く出して動かしてやれよ・・・)。

今のオケに入る前、ブランクが3年ほどありました。間でちょこちょこ動かしてはいたのですが、最後に出してからオケに入るまでにちょっと長い時間動かさずにいました。いざオケを始めようと思ったら、ロータリーのオイルがすっかり乾いてしまってにっちもさっちも行かなくなり、しかたなく楽器屋さんに調整に出しました。調整にかかったのは1本3000円で、キーは4本ですから、12000円かかりました。思っていたよりかかりませんでしたが、楽器を出してまた取りに行くのが結構面倒くさかったりして・・・。渋谷の楽器屋さんに出しましたから。

ああ、ロータリーで困ったことで思い出しました。

以前、楽器を車の中に置きっぱなして仕事に行ったことがありました。その日はとてもいい天気で、車内も相当温度が上がっていたと思います。
その日は練習があったので楽器を持って職場(当時)に行ったのですが、練習の時に楽器を動かしてみてびっくり。恐ろしくキーが重くなっていたのです。

考えてみれば当たり前の話で、高音下ではオイルは粘度が下がります。要するに、グリスが高音で溶けて、ロータリーオイルと混ざり、ロータリーに入ってしまって、そのまま常温に戻ったものだから、ロータリーの中でオイルの粘度があがって、キーが重くなってしまった、というわけです。

その日は泣く泣くその楽器を吹き(ただでさえ瞬発力の低いホルンにとって、キーの動きがスムーズでないのはかなり致命的)、週末、楽器にお湯を通して一度オイルを流して、オイルを差し直したら、またスムーズに動くようになりました。


楽器はかわいがってあげたいものです。
(↑手入れさぼりがちな人)


自宅なう(´∀`)

やっぱり自宅は落ち着きます。
実家、落ち着かなくて。片付いてないから。
もったいながって捨てずに取っておくほうが、かえってもったいない消費行動をとりやすいと思うのですが・・・。
母が新しく買ってきたモノと同じモノが、未開封のまま、もったいながって取っておいたモノの山の下敷きになっているのを、何度か発掘したことがあります。

まだ使えそうなものでも、最低限とっておく分以上は処分してしまった方がかえってエコなんですけどね。論理でなく感情で動くからゴミ溜め屋敷みたいになっちゃう(;´Д`)


それはさておき。

昨日、移動中にバーンスタインの第九を聴こうと思ってiPodを持って行きました。実際聴いていたのですが、道を歩いている途中に「ジジッ」という音とともに耳にびりびりっと刺激を感じました。
じつは以前もそんなことがありました。その時はイヤフォンが劣化してひびが入っていて、そこから漏電していたのが原因でした。そのイヤフォンはもう使えない状態だったので処分して、昨日は別のイヤフォンを使っていました。
まだそんなに使っていないものだったので、壊れて漏電、ではない様子。
おそらく・・・ですが、その時来ていた服が静電気のおきやすい服だったので、放電する際に何らかの理由で耳とイヤフォンを電気が通ったのが原因かと思います。

そのまま使い続けてiPodが壊れては困るので、その場で聴くのをやめて鞄にしまってしまいました。


そういうわけで、まだまともに第九を聴けていません。
ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!


今日は自宅に帰ります。
道が混まないうちに出発したいということで、8:30頃の出発です。いつもその時間に起きてるんですけど・・・。

そんなわけで、起床なう。

昨日は、コーチングの講座を一緒に受講していた友人のお気に入りのカフェで、その友人主催でコーチングの講座をやるというのでチビ太をじーじとばーばに任せて行ってきました。

なぜか私の節目で受講する石川尚子さんの講座。
いつも石川さん自身はあまりしゃべらないのですが、一つ大きな気付きを得て帰ることになるんですよね~・・・。何なんでしょう、あれは。


さて、そろそろ起きます。


- HOME -
このページについて
オーケストラでホルンを吹いてるアマチュアホルン吹きが、音楽がもっと楽しくなる情報をお届けします。クラシックのあれこれ、オーケストラ人間の楽しい(おかしな!?)日々などを通じて、クラシックに親しみにを持ってもらえればと思います。 そうはいっても、はっきり言って素人です。ですから、用語・曲の解説・解釈は、私なりの理解で書いています。なるべくウソの無いように書いているつもりですが、間違いがあるかもしれません。ご了承ください。
実はこっそり獣医師なので、獣医な話もするかも。
プロフィール
HN:
はな
性別:
女性
趣味:
ホルン吹き 
自己紹介:
オケにいます。
ホルン歴19年。
音楽は私の半身です。
使用楽器:ハンスホイヤー802GAL
マウスピース:STORK 10C

このブログが面白いと思ったら、押してやってください。
ランキングに参加してます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
管理者用
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アマゾンのお勧め




音楽が楽しくなるモノたち
「音楽が楽しくなるモノたち」で紹介するモノたちは、すべて楽天で購入できます♪ 画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

のだめカンタービレフェルトケンバンバッグ
ドラマ「のだめカンタービレ」でのだめが持っていたレッスンバッグです。コミックでのだめが持っていたものを忠実に再現したもので、実際レッスン用として使うのに便利な工夫がたくさん詰まっています。ちょっとお値段は張りますが、厚手のフェルト生地と本革の持ち手が丈夫なので長く使えます。
価格 7,770円(税込)
ミュージック・フォ・リビング
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ