忍者ブログ
アマチュア・オーケストラのホルン吹きが、クラシック音楽やオーケストラの楽しさをお伝えします。クラシックをもっと楽しく、もっと身近に感じてもらえれば嬉しいデス♪
オーケストラのリンク
那須フィルハーモニー管弦楽団非公式ホームページ
私の所属していたオーケストラです。
2人目妊娠した為3月の演奏会には出られないので、現在休団中。
栃木ホルンクラブ
栃木県最大のホルニスト集団。メンバーの多くは栃木県交響楽団(通称:栃響、県内最大のアマチュアオケ)に入っています。次の演奏会はいつなんだろう・・・。
栃木県交響楽団
通称、栃響(とちきょう)。県内最大のアマチュアオーケストラ。那須フィルの定期演奏会には栃響の方にお手伝いをお願いして、一緒に演奏してもらっています(那須フィルのメンバーだけでは演奏する為の人数が足りないので)。2011年に入団しまして、6月の定期演奏会から団員として参加しています。
TOMO's ROOM
大学時代のオケの後輩、TOMO氏のホームページ。オリジナル曲やホルンアンサンブル曲などがアップされています。
獣医なリンク
石井動物病院
石井一功先生のHP。私のもっとも尊敬する先生。
牛獣医師のアグリコーチング現場
山本浩通獣医師のブログ。「農家さんに、前向きに楽しく家畜の疾病予防に取り組んでもらうには、獣医師には何ができる?」多くの獣医師を悩ませたこの問いに対しての、一つの答え。畜産現場でのコーチングについて、早くから気付いていらっしゃった。すごい。
安全安心な国産牛乳を生産する会
バイオエタノール燃料開発の煽りを受けてエサ代が高騰し、原油価格も上昇。それなのに牛乳の価格は30年前からわずか10円しか変わっていません。このままでは酪農経営が立ち行かなくなってしまいます。牛乳価格30円upにご理解とご協力を!!



広告
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
うしグッズ
うしグッズで紹介するモノたちは、すべて楽天で購入できます♪画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

flying pig フライング・ピッグ[ルミネーションズ]
組み立てて、ハンドルをぐるぐる回すと牛が咀嚼します!妹にもらったの、まだ組み立ててないデス。なんかもったいなくて。。。
価格840円(税込)


lamb-lamb ipod 2nd NANO Tattoo skin [Milk cow]
iPod NANO専用のスキン。これでiPodもお気に入りの牛柄に♪
価格945円(税込)
あなろ(インテリア雑貨)




牛柄 モーモーツイルプリント
牛柄の生地を見つけました♪これでオリジナルウシ柄グッズを作れますよ~。
価格60円(10cmあたり、税込)
マブチネットショップ

お買物は楽天で♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このブログで何度も紹介していますが、私がバーンスタインのファンになるきっかけとなった番組「ヤング・ピープルズ・コンサート」

国内ではクラシック専門チャンネル「クラシカ・ジャパン」でしか観ることのできないこの番組が、4月4日20:00から再び放送されます!
詳しくはこちら。
クラシカジャパンURL http://www.classica-jp.com/

この日をどれだけ待ったことか。
この番組を見たくて、スカパー!契約したようなものです。

そして、永久保存版にするべく、現在我が家ではHDDレコーダーの購入が検討されています。恐るべし、バーンスタイン。我が家の家計にまで影響を与えるとは。

本当に、とても良い番組で、一度観れば誰でもクラシック音楽を聴いてみたくなる、そんな番組です。よかったら観てみてください。
PR


相性の問題かもしれませんが、私、チャイコのシンコペが苦手です。

ロメジュリとか、シンバルの入るところ、何度聴いても歌えないw


そして、例に漏れず1812年もシンコペーションがいやらしいのなんの。
初見がただでさえ苦手なのに、変なクロマティックな動きとか、音の取りづらい無駄にいやらしい跳躍とか、そんな感じ。

チャイコフスキーの譜面ていつも大体そうだけど、それをホルンにやらせることでホントに音楽上適切な効果を得られるのか?と疑ってしまうような、難易度ばっかり高くて全然報われない感じのいやらしい譜面。
ああ、鼻の花のワルツを思い出すわ・・・。

そんなわけで、ちょっとなめてかかってた1812年ですが、ちゃんとさらわないと酷い目に遭いそうな予感がします。っていうか、予感じゃなくて確信だわな、これ。



いやね、チャイコフスキー自体はそんなに嫌じゃないんだけど、吹くと聴くとでは全然印象が著しく違う作曲家だなぁといつも思うのです(^^;


先日お話した、1812年です。

歴史に詳しい方(詳しくなくても学校で習うんですが・・・私は歴史苦手なので忘れてました)はご存じだと思いますが、1812年は、ナポレオンの率いるフランス軍をロシア軍が撃退した年。
チャイコフスキーはこの曲を、フランス軍に破壊された大聖堂の再建記念&勝利70周年記念にちなんで依頼されて作曲したそうです。

一言でいうと、

ロシア万歳!

っていう曲。
狂ったように勝利を祝う曲です。

冒頭は、とてもゆったりしたテンポでロシア正教聖歌が演奏されます。
そして行進曲風の旋律が演奏されて、フランス軍を表す「ラ・マルセイエーズ」(現在のフランス国歌)が現れます。そして、ロシア軍を表すロシア民謡のフレーズが現れて、終盤はラ・マルセイエーズを大音量の大砲が撃退し、ロシア正教聖歌が祝福の鐘の音とともに高らかに歌われます。
(途中かなり端折りましたが、大体こんな感じ)

ハイライトは、何といっても大砲
スコアにもちゃんと"Can."(cannon=大砲の略)と書いてあります。

バスドラムで代用することが多いそうですが、録音によっては本物の大砲の空砲で演奏されているものもあるようです。

1812年の入っているCDのジャケットなどには「再生する時は音量に気をつけないと、スピカーぶっ壊れちゃうよ」と書かれていることも多く(マジで)、これも終盤に大砲の音が入っていることによります。

なんていうんでしょう・・・

乱痴気騒ぎです、はっきり言って。
チャイコフスキーって、管楽器奏者いじめるの、大好きなんだなぁ・・・。


いや、知ってたんです、今度那須フィルで、大井先生がどの曲を振ろうとなさっているか。MLで流れてましたから。楽譜のコピーを誰がするとかしないとか。

しかし、よりによって1812年ですか。


那須フィルのGPを聴きに行った時、もちろんホルンパートの面々にも挨拶したわけですが、その時に聴いた話によると、どうも人数カツカツでやる予定らしく・・・。


大砲どっかんどっかんの印象が強くて、どんな曲だったのか全体像を半分くらいしか覚えていなかったので、さっき私のCDコレクションのなかから1812年を引っ張り出してきて聴いてみました。


え、やるんだ、これw



ってゆーか、誰が吹くの(; ・`д・´)
特にラッパ。
最後なんて、天下のベルリンフィルでもへばりそうで、聴いててひやひやするじゃん(;・∀・)




・・・ま、いっか。
乗れそうなら乗ろう。


3月7日は、那須フィルの定期演奏会でした。
今年は、那須のが原ハーモニーホールの養成講座(オーケストラ、合唱、少年少女合唱)の15周年記念だとか何とかで、歌劇「カルメン」(日本語訳詞バージョン)全曲を合唱講座、少年少女合唱講座、オーケストラ養成講座(那須フィル)+二期会のソリストの共演で演奏するという、ある意味無謀なプログラム(^^;

しかし、どうもかなり話題を呼んだようで、発売後3時間でチケット完売したという、どこの有名オケのコンサートだよ?(汗)という予想外の展開だったとのこと。

まー、直前でもなんとかなるだろう、予定立てにくいし、間近になっていけそうだったらチケット手配しようかな~、などと悠長に構えていた私がアホでした。思えば数年前から(そう、ちょうど渡邊先生が那須フィルを振ってくださった最初の年あたりから)、那須フィルはなんだか波に乗っているのでした。なんだかんだで渡邊先生とは3年連続でお世話になったのですが、1年目のシベ2に始まって、2年目はまさかのショス5(しかもフタを開けてみたら超名演、だったという)。3年目はあり得ないと思ってたけど、渡邊先生の「できるんじゃない?」の一言でマーラー1番。そしてそれぞれ、間でやったコンサートも含めて、どれも大盛況だったのでした。


ごめん、みんな。
私、甘く見てたわ。


そんなわけで、子どもも小さすぎることもあって、本番は聴きに行かないことにしたのでした。
(それと、正直いうと、聴衆のマナーが悪くて気分を害されるのもつまらないし・・・と思ってたのもあるけど)


でも、それではあんまりつまらないので、旦那にチビ太の子守りをお願いして前日夜のゲネ・プロをちょっとだけ聴かせてもらいに行きました。


メーリングリストで送られてくる練習の連絡をみていて、とても頑張って練習していることは知っていましたが、ホントにすごく頑張ったんだなー、という感じの演奏。
もちろんプロじゃないから、ところどころ事故が起きたり、ソリストにしなやかにより添えなかったり、危なっかしいところもありましたが、とても明るく、楽しく、みんなで作り上げている音楽でした。

ゲネ・プロなのに、感動。

当日の様子がどうであったのかは、なんとなくでしか知り得ませんが(どんなに言葉の限りを尽くしても、当日その場の体験は絶対にできないですから)、とりあえず次の日の下野新聞にその模様が掲載されたとのこと。


私が最初に入った時は、どうなることかと思っていたオケでしたが・・・
とてもよいオケです、那須フィル。
よいオケに、成長しました。
方向性は違うけど、栃響にも引けを取らないわ。
胸張って「那須フィルです」って言える。
すごいすごい!
嬉しいなぁ!

そして、今年はやっぱりオケに戻るぞ。と決意を新たに、昨日も楽器を出してティルとかさらっちゃったりして、自分がどれだけなまっているかを思い知らされたのでした。ちゃんちゃん。


- HOME -
このページについて
オーケストラでホルンを吹いてるアマチュアホルン吹きが、音楽がもっと楽しくなる情報をお届けします。クラシックのあれこれ、オーケストラ人間の楽しい(おかしな!?)日々などを通じて、クラシックに親しみにを持ってもらえればと思います。 そうはいっても、はっきり言って素人です。ですから、用語・曲の解説・解釈は、私なりの理解で書いています。なるべくウソの無いように書いているつもりですが、間違いがあるかもしれません。ご了承ください。
実はこっそり獣医師なので、獣医な話もするかも。
プロフィール
HN:
はな
性別:
女性
趣味:
ホルン吹き 
自己紹介:
オケにいます。
ホルン歴19年。
音楽は私の半身です。
使用楽器:ハンスホイヤー802GAL
マウスピース:STORK 10C

このブログが面白いと思ったら、押してやってください。
ランキングに参加してます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
管理者用
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アマゾンのお勧め




音楽が楽しくなるモノたち
「音楽が楽しくなるモノたち」で紹介するモノたちは、すべて楽天で購入できます♪ 画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

のだめカンタービレフェルトケンバンバッグ
ドラマ「のだめカンタービレ」でのだめが持っていたレッスンバッグです。コミックでのだめが持っていたものを忠実に再現したもので、実際レッスン用として使うのに便利な工夫がたくさん詰まっています。ちょっとお値段は張りますが、厚手のフェルト生地と本革の持ち手が丈夫なので長く使えます。
価格 7,770円(税込)
ミュージック・フォ・リビング
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ