忍者ブログ
アマチュア・オーケストラのホルン吹きが、クラシック音楽やオーケストラの楽しさをお伝えします。クラシックをもっと楽しく、もっと身近に感じてもらえれば嬉しいデス♪
オーケストラのリンク
那須フィルハーモニー管弦楽団非公式ホームページ
私の所属していたオーケストラです。
2人目妊娠した為3月の演奏会には出られないので、現在休団中。
栃木ホルンクラブ
栃木県最大のホルニスト集団。メンバーの多くは栃木県交響楽団(通称:栃響、県内最大のアマチュアオケ)に入っています。次の演奏会はいつなんだろう・・・。
栃木県交響楽団
通称、栃響(とちきょう)。県内最大のアマチュアオーケストラ。那須フィルの定期演奏会には栃響の方にお手伝いをお願いして、一緒に演奏してもらっています(那須フィルのメンバーだけでは演奏する為の人数が足りないので)。2011年に入団しまして、6月の定期演奏会から団員として参加しています。
TOMO's ROOM
大学時代のオケの後輩、TOMO氏のホームページ。オリジナル曲やホルンアンサンブル曲などがアップされています。
獣医なリンク
石井動物病院
石井一功先生のHP。私のもっとも尊敬する先生。
牛獣医師のアグリコーチング現場
山本浩通獣医師のブログ。「農家さんに、前向きに楽しく家畜の疾病予防に取り組んでもらうには、獣医師には何ができる?」多くの獣医師を悩ませたこの問いに対しての、一つの答え。畜産現場でのコーチングについて、早くから気付いていらっしゃった。すごい。
安全安心な国産牛乳を生産する会
バイオエタノール燃料開発の煽りを受けてエサ代が高騰し、原油価格も上昇。それなのに牛乳の価格は30年前からわずか10円しか変わっていません。このままでは酪農経営が立ち行かなくなってしまいます。牛乳価格30円upにご理解とご協力を!!



広告
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
うしグッズ
うしグッズで紹介するモノたちは、すべて楽天で購入できます♪画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

flying pig フライング・ピッグ[ルミネーションズ]
組み立てて、ハンドルをぐるぐる回すと牛が咀嚼します!妹にもらったの、まだ組み立ててないデス。なんかもったいなくて。。。
価格840円(税込)


lamb-lamb ipod 2nd NANO Tattoo skin [Milk cow]
iPod NANO専用のスキン。これでiPodもお気に入りの牛柄に♪
価格945円(税込)
あなろ(インテリア雑貨)




牛柄 モーモーツイルプリント
牛柄の生地を見つけました♪これでオリジナルウシ柄グッズを作れますよ~。
価格60円(10cmあたり、税込)
マブチネットショップ

お買物は楽天で♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



私が朝、目ざましに使っているのは携帯電話です。
毎朝7:30に、R・シュトラウスの「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」の冒頭部分が鳴るようになっています。のだめでも取り上げられた曲なので、既にお聴きになった方も多いと思います。

R・シュトラウスはドイツの作曲家。父親がホルン奏者だったそうで、ホルンコンチェルトを2曲残しています。

R・シュトラウスが得意としていたのは交響詩で、彼の残した交響詩はどの曲も、演奏される機会が多いです。ティル~・・・はそのうちの一つで、冒頭でホルンが奏でるティルのテーマが有名です。

これも一度乗ってみたい曲のうちの一つなのですが、難易度が高いのでなかなかアマチュアではお目にかかりません。私も時々、この有名な冒頭部分を練習してみるのですが、非常に広い音域を駆け上がって駆け下りる旋律なので非常に難しい。しかもリズムが変則的で掴みにくいんです。

あー、でも一度乗ってみたいな~!
下吹きでもいいから。



このCDは、私の好きな指揮者の一人、オットー・クレンペラーの演奏です。
ティルのほかに、ドン・ファンやメタモルフォーゼンなど、彼の代表作が入っています。

残念ながら、2001年宇宙の旅で有名な「ツァラトゥストラかく語りき」は入っていません。ツァラトゥストラ~・・・をお聴きになりたい方は、こちら。



冒頭部分を聴けば誰でも「あ~!この曲か!」となるはず。
私はこの曲の冒頭部分の、ティンパニーが好きです。

でんどんでんどんでんどんでんどんでん!
PR


試験場の臨時職員をやっていたときは、8:30の始業に間に合うように家を7:00過ぎには出ていました。車で通勤していたので、行き帰りの音楽は欠かせないものでしたが、朝はちょうどNHK-FMのクラシック・カフェの放送時間と重なっていて、毎朝聴くのを楽しみにして通勤していました(ちなみに本放送は前日の3時頃のようです)。
この番組、選曲がとてもマニアックで、普段自分からは聴くことのないような曲がよく放送されるので、幅を広げるのにもってこいでした。

臨時職員の任用期間が終わってからはなかなか聴けないでいましたが、最近またちょっと聴こうかという気分になってきました。通勤途中で聴くとどうしても曲の途中で職場に到着して、「あー!次の楽章が好きなのに・・・」というところで車を降りなくてはならなかったりすることも多かったのですが、家で聴く場合はそんなこともないし。ただ、家ではチビの世話と家事に追われて、じっくり音楽だけに集中することは難しいです。


最近オケ話のアップが少なくてゴメンナサイ・・・(。_。;)
出産が近づいているため、今オーケストラの活動を一時休止しているのです。

10月に演奏会の予定はあるのですが、出産予定が7月末なので、10月までに復帰するのはちょっと難しかろう、ということでオケを降りてます。お産の後1カ月は少なくとも身動きとれないし、1ヶ月後に練習始めたとしても本番まで1カ月でそれまでのブランク取り戻せないし、何より乳飲み子ほっぽって何時間も練習なんてわけにもいかないでしょう。
10月の演奏会ではずっと乗りたいと思っていたワーグナーをやるようです(いいな~、私も乗りたいよ(TωT)。

ワーグナーといえば歌劇。
重厚長大でちょっととっつきにくそうなイメージですが、いつかは指環四部作を制覇したいです(実はまだ観たことない^^;)。

指輪四部作とは?
正式には「ニーベルングの指環」というタイトル。その指環を手に入れたものが世界を手に入れることができる、という伝説の指環をめぐって神、英雄などを巻き込んで繰り広げられる、壮大な愛憎劇。
4つの歌劇から一つの物語が構成されていて、4作品合わせた総上演時間はなんと15時間!全編上演する場合は普通4夜連続で上演されます。
4つの歌劇のタイトルはそれぞれ、序夜『ラインの黄金』、第1日『ワルキューレ』、第2日『ジークフリート』、第3日『神々の黄昏(たそがれ)』となっています。
毎年ドイツのバイロイトで開催されている「バイロイト音楽祭」という音楽祭は別名「リヒャルト・ワーグナー音楽祭」とも呼ばれていて、毎年指環四部作をいろいろな演出家や指揮者によって上演しているという、ワーグナーマニア垂涎の音楽祭です。

バイロイト祝祭管弦楽団の演奏を収めたDVDはこちら↓



いいな~、観たい・・・・( ̄¬ ̄*)




この本を、前回ご紹介した『オーケストラの読みかた―スコア・リーディング入門』といっしょに、図書館で借りてきました。青年時代のエネルギッシュなレニー様(注:レナード・バーンスタインの愛称は「レニー」でした)、チャーミングでかつ情熱を秘めたまなざしが素敵なナイス・ミドルのレニー様、体が言うことを聴かなくなってもなお音楽をあきらめない気迫のレニー様。ジャケ写からレニー様の音楽に迫ろうという、ちょっと普通の名盤案内書とは違ったアプローチの本です。私も、この本に紹介されている録音を何枚か持っています。
いいですよ、バーンスタイン。私の敬愛してやまないレニー様です。

二人いる著者のうち佐渡裕(さど ゆたか)さんは、バーンスタインの最後の弟子といわれる、日本でも屈指のマエストロ。佐渡さんのお師匠さんへの愛が詰まったこの本から、お気に入りの名盤を見つけてみるのもいいかもしれません。


通勤の時間帯に放送されている、NHK・FMの「クラシック・カフェ」という番組を、毎朝聴きながら通勤しています。

この番組、マニアックな選曲をするので、結構面白いです。

今朝なんかは、大指揮者 セルジュ・チェリビダッケの特集でした。
てっきりブルックナーが流れると思ったのに、プロコフィエフのロメ・ジュリとか、ドボ・コンとか、チャイ5なんかを流していました。チェリビダッケのレパートリーの中に、ドヴォルザークがあることが意外でした。

 チェリビダッケという指揮者は、「音符の一つ一つは、ホールの中で十分に意味を持って響かなければならない」という考えを持っていたそうで、生前は録音出版否定派でも知られていました。そのため、現在出回っているライブ録音の音源は、その多くが海賊版CDです。しかし海賊版とはいえ彼の演奏の記録として大変貴重であり、ファンにとっては垂涎ものです。私が大学生の時分に入っていたオーケストラの友人なんかは、チェリビダッケのブルックナー全集を買ったんだと言って、嬉しそうに箱ケースを抱えていたっけ(当然、海賊版)。
彼の死後は、遺族から正規レーベルからの出版が許可されたとかで、いくらか出版されているようです。

で、気になるのは今朝の放送で使われていた音源です。
ちょっと調べてみました。

なーんだ、正規レーベル使ったのね。
https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20080822-07-00168


- HOME -
このページについて
オーケストラでホルンを吹いてるアマチュアホルン吹きが、音楽がもっと楽しくなる情報をお届けします。クラシックのあれこれ、オーケストラ人間の楽しい(おかしな!?)日々などを通じて、クラシックに親しみにを持ってもらえればと思います。 そうはいっても、はっきり言って素人です。ですから、用語・曲の解説・解釈は、私なりの理解で書いています。なるべくウソの無いように書いているつもりですが、間違いがあるかもしれません。ご了承ください。
実はこっそり獣医師なので、獣医な話もするかも。
プロフィール
HN:
はな
性別:
女性
趣味:
ホルン吹き 
自己紹介:
オケにいます。
ホルン歴19年。
音楽は私の半身です。
使用楽器:ハンスホイヤー802GAL
マウスピース:STORK 10C

このブログが面白いと思ったら、押してやってください。
ランキングに参加してます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
管理者用
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アマゾンのお勧め




音楽が楽しくなるモノたち
「音楽が楽しくなるモノたち」で紹介するモノたちは、すべて楽天で購入できます♪ 画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

のだめカンタービレフェルトケンバンバッグ
ドラマ「のだめカンタービレ」でのだめが持っていたレッスンバッグです。コミックでのだめが持っていたものを忠実に再現したもので、実際レッスン用として使うのに便利な工夫がたくさん詰まっています。ちょっとお値段は張りますが、厚手のフェルト生地と本革の持ち手が丈夫なので長く使えます。
価格 7,770円(税込)
ミュージック・フォ・リビング
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ