忍者ブログ
アマチュア・オーケストラのホルン吹きが、クラシック音楽やオーケストラの楽しさをお伝えします。クラシックをもっと楽しく、もっと身近に感じてもらえれば嬉しいデス♪
オーケストラのリンク
那須フィルハーモニー管弦楽団非公式ホームページ
私の所属していたオーケストラです。
2人目妊娠した為3月の演奏会には出られないので、現在休団中。
栃木ホルンクラブ
栃木県最大のホルニスト集団。メンバーの多くは栃木県交響楽団(通称:栃響、県内最大のアマチュアオケ)に入っています。次の演奏会はいつなんだろう・・・。
栃木県交響楽団
通称、栃響(とちきょう)。県内最大のアマチュアオーケストラ。那須フィルの定期演奏会には栃響の方にお手伝いをお願いして、一緒に演奏してもらっています(那須フィルのメンバーだけでは演奏する為の人数が足りないので)。2011年に入団しまして、6月の定期演奏会から団員として参加しています。
TOMO's ROOM
大学時代のオケの後輩、TOMO氏のホームページ。オリジナル曲やホルンアンサンブル曲などがアップされています。
獣医なリンク
石井動物病院
石井一功先生のHP。私のもっとも尊敬する先生。
牛獣医師のアグリコーチング現場
山本浩通獣医師のブログ。「農家さんに、前向きに楽しく家畜の疾病予防に取り組んでもらうには、獣医師には何ができる?」多くの獣医師を悩ませたこの問いに対しての、一つの答え。畜産現場でのコーチングについて、早くから気付いていらっしゃった。すごい。
安全安心な国産牛乳を生産する会
バイオエタノール燃料開発の煽りを受けてエサ代が高騰し、原油価格も上昇。それなのに牛乳の価格は30年前からわずか10円しか変わっていません。このままでは酪農経営が立ち行かなくなってしまいます。牛乳価格30円upにご理解とご協力を!!



広告
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
うしグッズ
うしグッズで紹介するモノたちは、すべて楽天で購入できます♪画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

flying pig フライング・ピッグ[ルミネーションズ]
組み立てて、ハンドルをぐるぐる回すと牛が咀嚼します!妹にもらったの、まだ組み立ててないデス。なんかもったいなくて。。。
価格840円(税込)


lamb-lamb ipod 2nd NANO Tattoo skin [Milk cow]
iPod NANO専用のスキン。これでiPodもお気に入りの牛柄に♪
価格945円(税込)
あなろ(インテリア雑貨)




牛柄 モーモーツイルプリント
牛柄の生地を見つけました♪これでオリジナルウシ柄グッズを作れますよ~。
価格60円(10cmあたり、税込)
マブチネットショップ

お買物は楽天で♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今朝のクラシックカフェは、リムスキー=コルサコフが取り上げられました。リムスキー=コルサコフがピアノコンチェルト書いてるなんて知りませんでした。例によって朝はひじょ---------に忙しいのでちゃんと聴けなかったのですが、ちょっと聴いてみてもいいかも、と思いました。

さて。

リムスキー=コルサコフといえば、交響組曲「シェヘラザード」が有名でしょう。
昨シーズンの安藤美姫のフリープログラムが確かこの曲でした。

一度は乗ってみたいと思っていたこの曲は、私が今の所属オケに入ったその年の定期演奏会の演目で、思わぬところで念願叶ったり!・・・と思っていたのですが・・・、聴いて楽しい曲と、乗って面白い曲とは必ずしもイコールでないということがよく分かりました(´Д`) フゥ

メロディーが大変美しく、エキゾチックで、時に妖艶に、時にロマンティックに、千夜一夜の物語が繰り広げられる名曲です。ぜひ一度、聴いてみてほしい曲の一つです。
第4曲の「バグダッドの祭り。海。船は青銅の騎士のある岩で難破。終曲」のラスト、ヴァイオリンのソロが本当に切なくなるほど美しくて、王の寝室に差し込む朝日と、遂に妻を殺すことをやめ、優しい心を取り戻した王と、母のように王に物語るシェヘラザードの愛情に満ちた姿が目に浮かぶようです。

この曲の愛聴版は、これ。



チェリストとして有名なロストロポーヴィチが、パリ管弦楽団を指揮した演奏です。大学時代に所属していたオーケストラの自他ともに認めるシェヘラザード狂にこのCDを貸したことがありましたが、「なかなかいい演奏だね。」と言われて、なんか嬉しかったことを思い出します。

ロストロポーヴィチについては、思い出があるのですが・・・それはまたの機会に(そんなんばっか・・・)。

リムスキー=コルサコフは貴族の出身で、幼いころから音楽的才能がありましたが、どういうわけか海軍学校に進学し、一時期は海軍兵でした。この時期に世界の海を見てきたことがのちの作曲に影響を与えたようで、シェヘラザードもそんな曲の中の一つだということです。
PR


・・・一所懸命書いていた文章が、一つのクリックミスで、全部消えてしまって、今すごくショックを受けています。はあぁぁぁぁ・・・orz

今夜はもうあまり時間がないので、とりあえず。

今朝のクラシックカフェでは、ベートーヴェンの8番が放送されました。
音源はこれデス。



ヤルヴィの演奏。カップリングは3番「英雄」です。
ちゃんと聴いてなかったので、私からのコメントは控えますが、NHK・FMのクラシック番組で放送した音源ですので、信頼性はあるのではないかと。
ちょっとテンポは早めに感じます。

8番の良さについてとか、ベートーヴェンがなぜすごいか、についてはまた後日・・・(そのこと書いてたら、途中でけしてしまったんです・・・泣)。

ちなみに私の愛聴版は、これ。
・・・想像に難くないと思いますが、クレンペラーの演奏です。



ヤルヴィで聴きなれると、すごく遅く感じるかもしれません。


今朝のクラシックカフェは、喜歌劇特集でした。

ちょうどちゃんと聴けたのが、喜歌劇『天国と地獄』序曲だけ・・・
おかあちゃんの朝は忙しいんですよ( ̄‥ ̄)=3フン
早朝に授乳して、授乳の後は何度もおむつを替えて(しかも我が家は布おむつ)、おむつ替えの合間に洗濯をして、朝食を作って食べて、顔を洗って歯を磨いて、旦那を見送ったら洗濯物を干して、掃除をして。晴れた日には布団も干すし、チビ太をさんぽに連れていったり、買い物に行ったり、郵便局に行ったり、いろいろいろいろ・・・。

ま、それはいいんですが。

オッフェンバック作曲の喜歌劇『天国と地獄』は、当時大ヒットして、超ロングラン公演だったんだそうです。

序曲は終盤のカンカンが有名ですね。運動会では徒競争なんかでよくつかわれますし、「カステラ一番、電話は二番♪」といえば、誰でもメロディーを思い浮かべるのではないでしょうか。そういえば、最近文明堂のCMって見ないですけど・・・今でもやってるんでしょうか、あのCM?

文明堂のHPでCM見られます。懐かしい。
http://www.tokyo-bunmeido.co.jp/museum/cm/index.html

この記事を書くために、オッフェンバックについて少し調べたのですが、ドイツ生まれだったんですね。知らなかった。てっきりフランス人だとばっかり思っていました。のちにフランスに帰化したそうなので、あながち間違いっていうわけでもありませんが。。。


今日の昼間、たまたまNHK・FMを聴きました。
今日は金曜日だったので、いつもはクラシックカフェをやっている時間に、「気ままにクラシック」という番組をやってました。
笑福亭笑瓶とソプラノ歌手の幸田浩子さんがパーソナリティーをやっている番組で、きままにクラシックを聴いてみましょうよ、という感じのゆるーい感じのクラシック番組です。笑瓶はクラシックの素人っていう役割で、クラシックについて疑問に思ったことを幸田さん尋ねるのですが、この質問が意外と鋭くて、聴いていて私も勉強になります。

気ままにクラシックHPは・・・
http://www.nhk.or.jp/kimakura/

さて。
今日はその気ままにクラシックの中で、エムパイヤ・ブラスの演奏が流れました。
エムパイヤ・ブラスとは、金管5重奏のグループです。

金管5重奏とは、トランペット2本、ホルン、トロンボーン、テューバの5本の金管楽器からなる小編成のアンサンブルのことです。
他に金管アンサンブルには、8重奏とか12重奏とかもあります。

エムパイヤブラスに話を戻しますと、この人たち、演奏技術が、超すごい。マジですごい。この人たち、おかしい。ホント。
メンバー同士があんまり仲良くないとか、しょっちゅうメンバーが入れ替わるとか、そんな話も聴きますが、そんなこたぁどーだっていいです。一度きいてみてください。ホント、鳥肌もんです。すごいです。



私、このCD持ってますが、愛聴版です。もうかれこれ10年以上聴いています。
有名なオーケストラの曲を、金管5重奏用に編曲されたものが収録されています。



ちなみに、金管5重奏に対して木管5重奏というのもあって、これはフルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットの5つの楽器で編成されます。

ホルンが入っているのが不思議な感じがしませんか?

ホルンは金管楽器ですが、音色が木管楽器ともよくなじむため、木管5重奏の中に混ざっています。


今日のチビ太のお昼寝BGMは

マーラー5番
マーラー6番

メンデルスゾーンの3番「スコットランド」

でした。

メンデルスゾーンはユダヤ人。裕福な銀行家の生まれで、作曲家にしては珍しく、奥さんと子どもと、幸せな家庭を築いていました。どういう理由かは知りませんが、小さい頃に、お父さんの方針でキリスト教に改宗しています。

それはさておき。

メンデルスゾーン。大好きな作曲家の一人です。
メンデルスゾーンの曲は、誰でも必ず一度は聴いたことがあるはずです。
一番有名なのは、結婚行進曲でしょう。ゼクシィのCMにもなった、「ぱぱぱぱーん、ぱぱぱぱーん♪」っていう、あれです。
あの曲は、劇付随音楽『真夏の夜の夢』の12曲のうちの一曲で、オケメンの間では劇付随音楽と演奏会用序曲『真夏の夜の夢』の二つを併せて「真夏」の愛称で呼ばれています。
(余談ですが、私の結婚式の時、「真夏」の中から「夜想曲」を手紙を読むときに使いました)

メンデルスゾーンの交響曲で、3番と4番はよくカップリングされてCDが出ています。3番は「スコットランド」、4番は「イタリア」。それぞれ、その場所を旅行した時にインスピレーションを得て書かれたのだそうです。
イタリアは私も大好きな曲で、冒頭が超難しいのですが(ホルン的に)、イタリアの陽気な空気が思い浮かぶような素敵な曲です。

「真夏」の私の愛聴版はこれ。
またもクレンペラーです。



このCDは、同じくメンデルスゾーン作曲の名曲・演奏会序曲『フィンガルの洞窟』も収録されているという超お得版。

そして、「スコットランド」と「イタリア」の愛聴版はこれ。
敬愛してやまない、レナード・バーンスタイです。



私のきいているCDは中古で買ったので、すでに廃番になっているようです。が、多分これと同じ録音のCDです。こっちは「フィンガルの洞窟」も入っているのでお得かも。(私もバーンスタインの「フィンガルの洞窟」を聴いてみたい・・・・)

メンデルスゾーンでもう一つ有名な曲は、ヴァイオリン協奏曲。「メン・コン」(メンデルスゾーンの書いたコンチェルトだから)とも呼ばれているほど、メンデルスゾーンの代表的な曲です。こちらは愛聴版をご紹介できるほど聴いていないのですが・・・私にとっても思い出の曲ですので、またいずれご紹介したいと思います。


- HOME -
このページについて
オーケストラでホルンを吹いてるアマチュアホルン吹きが、音楽がもっと楽しくなる情報をお届けします。クラシックのあれこれ、オーケストラ人間の楽しい(おかしな!?)日々などを通じて、クラシックに親しみにを持ってもらえればと思います。 そうはいっても、はっきり言って素人です。ですから、用語・曲の解説・解釈は、私なりの理解で書いています。なるべくウソの無いように書いているつもりですが、間違いがあるかもしれません。ご了承ください。
実はこっそり獣医師なので、獣医な話もするかも。
プロフィール
HN:
はな
性別:
女性
趣味:
ホルン吹き 
自己紹介:
オケにいます。
ホルン歴19年。
音楽は私の半身です。
使用楽器:ハンスホイヤー802GAL
マウスピース:STORK 10C

このブログが面白いと思ったら、押してやってください。
ランキングに参加してます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
管理者用
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アマゾンのお勧め




音楽が楽しくなるモノたち
「音楽が楽しくなるモノたち」で紹介するモノたちは、すべて楽天で購入できます♪ 画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

のだめカンタービレフェルトケンバンバッグ
ドラマ「のだめカンタービレ」でのだめが持っていたレッスンバッグです。コミックでのだめが持っていたものを忠実に再現したもので、実際レッスン用として使うのに便利な工夫がたくさん詰まっています。ちょっとお値段は張りますが、厚手のフェルト生地と本革の持ち手が丈夫なので長く使えます。
価格 7,770円(税込)
ミュージック・フォ・リビング
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ