忍者ブログ
アマチュア・オーケストラのホルン吹きが、クラシック音楽やオーケストラの楽しさをお伝えします。クラシックをもっと楽しく、もっと身近に感じてもらえれば嬉しいデス♪
オーケストラのリンク
那須フィルハーモニー管弦楽団非公式ホームページ
私の所属していたオーケストラです。
2人目妊娠した為3月の演奏会には出られないので、現在休団中。
栃木ホルンクラブ
栃木県最大のホルニスト集団。メンバーの多くは栃木県交響楽団(通称:栃響、県内最大のアマチュアオケ)に入っています。次の演奏会はいつなんだろう・・・。
栃木県交響楽団
通称、栃響(とちきょう)。県内最大のアマチュアオーケストラ。那須フィルの定期演奏会には栃響の方にお手伝いをお願いして、一緒に演奏してもらっています(那須フィルのメンバーだけでは演奏する為の人数が足りないので)。2011年に入団しまして、6月の定期演奏会から団員として参加しています。
TOMO's ROOM
大学時代のオケの後輩、TOMO氏のホームページ。オリジナル曲やホルンアンサンブル曲などがアップされています。
獣医なリンク
石井動物病院
石井一功先生のHP。私のもっとも尊敬する先生。
牛獣医師のアグリコーチング現場
山本浩通獣医師のブログ。「農家さんに、前向きに楽しく家畜の疾病予防に取り組んでもらうには、獣医師には何ができる?」多くの獣医師を悩ませたこの問いに対しての、一つの答え。畜産現場でのコーチングについて、早くから気付いていらっしゃった。すごい。
安全安心な国産牛乳を生産する会
バイオエタノール燃料開発の煽りを受けてエサ代が高騰し、原油価格も上昇。それなのに牛乳の価格は30年前からわずか10円しか変わっていません。このままでは酪農経営が立ち行かなくなってしまいます。牛乳価格30円upにご理解とご協力を!!



広告
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
うしグッズ
うしグッズで紹介するモノたちは、すべて楽天で購入できます♪画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

flying pig フライング・ピッグ[ルミネーションズ]
組み立てて、ハンドルをぐるぐる回すと牛が咀嚼します!妹にもらったの、まだ組み立ててないデス。なんかもったいなくて。。。
価格840円(税込)


lamb-lamb ipod 2nd NANO Tattoo skin [Milk cow]
iPod NANO専用のスキン。これでiPodもお気に入りの牛柄に♪
価格945円(税込)
あなろ(インテリア雑貨)




牛柄 モーモーツイルプリント
牛柄の生地を見つけました♪これでオリジナルウシ柄グッズを作れますよ~。
価格60円(10cmあたり、税込)
マブチネットショップ

お買物は楽天で♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



更新が滞ってしまった・・・こんなに長く・・・

○| ̄|_

気付けばもうすぐチビ太の誕生日。
早いもんだなぁ。

8月にオケの集中練習があります。朝10時から夕方5時まで、一日練習。
なんか合宿みたいで、どきどきです。

なんて言って、あたしったら全乗りだから一日吹きっぱなし。
うわ、しんど・・・

学生の時だったら朝から夜まで吹きっぱなし(全乗りじゃなくても降り番の人だけで裏練があった)で、その後常設飲み部屋で飲んでまた次の日も練習~、なんていうのを4泊も平気でやってたのになぁ。
PR


以前、曲名の省略について書いたことがありましたが、今日は楽器の呼び方についてお話ししようと思います。

オーケストラで演奏されている楽器はたくさんあって、それぞれの楽器はさらに小さなパートに分かれています。

オーケストラで一番大きなパートのヴァイオリン・パートは、2つのパートに分かれています。すなわち、第一ヴァイオリンと第二ヴァイオリンです。
第一ヴァイオリンはファースト(1st)・ヴァイオリンと呼ばれることもよくあります。同様に第二ヴァイオリンはセカンド(2nd)・ヴァイオリンとも呼ばれています。そのままでは長くて呼びにくいので、ファースト・ヴァイオリンはスト・ヴァイ、セカンド・ヴァイオリンはセコ・ヴァイと略して呼んだりします。そのほかの略し方は、ヴァイオリンパートを指していることが明らかな場合は第一ヴァイオリンを「一番」または「ファースト」、第二ヴァイオリンを「二番」または「セカンド」と呼んだりすることもあります。

ヴィオラはそのままヴィオラ、チェロもチェロで、特に略して呼ぶことはありません。

コントラバスは、オーケストラではコン・バスとかベースとか呼ばれることが多いです。同じ楽器をジャズでもよくつかわれていますが、ジャズの場合はウッド・ベースと呼ばれているのでウッベとか、単にベースとか呼ばれているようです。

弦楽器の場合はさらに、譜面台を挟んでどちら側に座っているかで「表」と「裏」があります。弦楽器奏者は2人で一つの譜面と譜面台を挟むようにして座ります。基本的に同じ譜面で同じ音符を弾きますが、場合によって「表」と「裏」に分かれています。譜面台を挟んで指揮者に近い方(概ね客席に近い方)の列の人が「表」で反対側の列の人は「裏」となっています。
また、弦楽器の人は上記のような演奏スタイルなので基本的に二人一組で座っていますが、二人一組のことを「プルト」と言います。プルト、とは譜面台のこと。譜面台を挟んで二人一組で演奏するため、そう呼ばれています。指揮者に近い方の組から1プルト、2プルト、・・・と数えます。プルトの数は、曲によって違っています。マーラーなどではとても多いし、古典派(ベートーヴェンやモーツァルトなど)の作曲家の場合は少なめです。

管楽器は特殊楽器が多いこともあって、一瞬なんの楽器かわからない呼び方もあります。
たとえば、コントラ・ファゴット。オーケストラの中ににょきっと煙突が立っているようなたたずまいの楽器です。ブラームスの交響曲第一番でその存在感が際立っている楽器ですが、コントラ・ファゴットが登場する曲はそんなに多くありません。コントラ・ファゴットは「コン・ファゴ」と呼ばれることが多いです。

コン・ファゴよりも登場回数が多いのはバス・クラリネット。これは「バス・クラ」と呼ばれます。吹奏楽ではおなじみの低音域で全体を支える重要な楽器ですが、オーケストラではそれほど出番がありません。でも、出番のある時は「ここはバス・クラ以外の音は考えられない!」という絶妙な場面で登場し、聴く人の耳をかっさらってゆきます。
クラリネットは全般に「クラ」と略して呼ばれます。オーケストラの中ではクラリネットはA管とB♭管という2本を持ちかえて演奏しています(指使いや音色的な理由から)。それよりも管が短く高音域を演奏するE♭管というのがありますが、これは「エス・クラ」と呼ばれています。E♭をドイツ語で「エス」と呼ぶためです。

フルートはそのままフルートと呼ばれることが多いですが、「横笛」とか単に「笛」とか呼ばれることもあります。

オーボエはそのままオーボエと呼ばれますが、オーボエの仲間のイングリッシュ・ホルン(ドヴォルザークの交響曲第9番『新世界より』の第2楽章冒頭のソロ、日本では「家路」で親しまれているメロディーの箇所で登場する楽器)は「コール・アングレ」または「コーラングレ」とも呼ばれます。もともとコール・アングレという名前だったのが英語に訳されるときに誤訳されて、「イングリッシュ・ホルン」になったのだとか。

ホルンはそのままホルン。

トランペットは「ペット」とか「らっぱ」とか呼ばれます。

トロンボーンはそのまま。でも、バス・トロンボーンは「バス・トロ」とか、トロンボーンを指していることが明らかな時は単に「バス」と呼ばれることもあります。「バス」とだけ呼ばれる場合、それに対して普通のトロンボーンは「テナー」と呼ばれたりもします。

チューバもそのままチューバ。

パーカッションは「打楽器」とまとめて呼ばれることもあるし、個々の楽器を指してティンパニ、とかシンバル、とか別個に呼ばれたり、場面によっていろいろです。


そのほかにも楽器はたくさんありますが、呼び名が一つではないことが多いです。日本語名で呼ばれたり、英語で呼ばれたり、原語のままで呼ばれたり、本当にいろいろです。オーケストラの曲を聴くときに、どんな楽器が登場しているか、その場面と音色に注目して聴いてみると面白いかもしれません。N響アワーなど、テレビで観賞すると分かりやすいですよ♪


先日、市立図書館の利用者カードを作りに図書館まで行って、ついでに本を物色してきました。クラシックの本て、マニアがマニア向けに書いたみたいな本が結構多いのですが、私あんまりそういうの興味なくて、音楽の秘密をわかりやすく楽しく教えてくれる本が好きでそういうのを探します。

正直あまり期待しないで書棚を見ていたら、見つけてしまいました。



N響アワーの解説でおなじみの、作曲家(本業はダジャレおやじ)の池辺晋一郎の著作です。オーケストラで演奏する人間にとって、なくてはならないアイテムであるスコア(日本語では「総譜」といいます)の読み方についてやさしく書かれた本です。

「スコア」とは、その曲で演奏されるすべての楽器のすべての音が書かれた楽譜のこと。ちなみに指揮者はスコアを見ながらオーケストラを演奏します。

この本にも書かれていますが、オーケストラの各楽器の担当者がこのスコアを見ながら演奏しているか、といったら、それはそうではありません。スコアにはオーケストラのすべての楽器の演奏されるべき音を全部書いてあって、それをそのまま見ながら演奏するのはとても演奏しづらいので、各楽器の演奏者が演奏するための楽譜は、「パート譜」というその楽器専用の楽譜がスコアとは別にあります。

じゃあ、なぜ演奏者にとってスコアが必要か?というと、パート譜だけでは自分の出す音しかわからないので、音楽全体で自分が果たしている役割とか、どの楽器の音を意識して演奏するべきか?とか、その音と同じ音を出している楽器がほかにあるのかどうか?とか、演奏するうえで重要な情報が書かれていないからなんです。
大抵の場合、演奏しながら周りの音を聴けば誰が何をやっているのか、なんとなくはわかるのですが、いくつもの音が複雑に絡まってくると分かりにくくなってしまいます。そういう時にスコアを広げて、音楽の中での自分の位置を確認し、練習の休憩時間などちょっとした空き時間にはスコアを手にして、ほかの楽器の人に、練習中気になった箇所を確認しに行ったりしています。

オーケストラで演奏していない人でも、クラシックが好きな人の中にはスコアを片手に音楽を聴いて楽しむという方も少なからずいらっしゃいます。
ご紹介した本は、よりクラシックを楽しむためにスコアを読んでみたい!という人に向けて、オーケストラの楽器のことやスコアのどんな点に着目して曲を読み解いていくとより楽しめるか?といったことが、初心者にもわかるように書かれています。N響アワーを一度でも見たことがある方はお分かりかと思いますが、池辺さんの解説ってとてもわかりやすくて面白いんです。作曲家だからテキトーなことは言わないし、オーケストラのことをよく知っている。テレビの画面からあふれてくるサービス精神をそのまま本にしたような、初めての人にも読みやすい本になっています。

スコアまでは読まなくてもいいや、という方でも、オーケストラのこぼれ話があったり、楽器の話があったり、興味深く読めると思います。

クラシックの曲って、どこから聴いたらいいのかよくわかんない( ̄△ ̄;)という方にもお勧めです。


那須フィルのように団員だけでは人数の足りないオケが、曲を演奏するのに必要な人数を満たすために、他のオケで演奏している人などにお手伝いをお願いすることはよくあります。そのお手伝いの方たちをエキストラといいますが、オケでは大抵「トラ」と略して呼ばれます。

使用例:
「今度那須フィルにトラで乗るんだよ~」

来年の3月8日、那須フィルの定期演奏会ではマーラー作曲の交響曲第1番「巨人(タイタン)」をメインプログラムとして演奏します。ちょっとありえないくらいの大編成なので、弦楽器も管楽器も那須フィルのメンバーだけでは演奏できません。
特に管楽器は特殊楽器(コントラファゴットやバスクラリネットなど)が多用されているため、楽器ごと人材をお借りしてこないとならなかったりします。ホルンのことを例にとると、普通の交響曲ではホルンは大抵4本+アシスタント1本の5本でいいのですが、タイタンではホルンは標準で7本。中でも1stホルンはとても1人で一曲吹き切れるような分量ではないので、アシスタントは最低でも1人必要です(プロでもアシスタントをつけているようです)。一応7人のメンバーを擁する大所帯に成長した那須フィルホルンパートですが、それでも足りないのでトラをどなたかにお願いするようになります。

演奏会の度にいつもエキストラをお願いしていて、エキストラの常連さんになっている方も中にはいらっしゃいます(いっそ団員になって下さればいいのに・・・)。そういう常連のエキストラのことを「常トラ」と呼ぶこともあります。

にほんブログ村 クラシックブログへ


コンサートの趣旨にもよりますが、大抵の場合、1回の演奏会では3曲演奏されます。

5分から7分程度の軽い曲が最初に演奏され、コンチェルトや組曲などの15~20分程度の曲が真ん中に、休憩をはさんで最後に交響曲というのが、アマチュアオーケストラの演奏会の一般的なプログラムです。

曲名の省略の項でも述べましたが、曲の名前をいちいち呼んでいては面倒くさいので、演奏会で演奏することが決まっている曲については、その曲が演奏会のどのタイミングで演奏されるかによって「前プロ」「中プロ」「メイン」と呼ぶことがあります。
前プロは、プログラムの最初に演奏される軽めの曲。
中プロは、次に演奏される少し長めの曲。
メインはその名のとおり、その演奏会の目玉となる曲。

例えば
「今日の練習は、前プロとメインの4楽章をやります。」
「前とメインが乗り番で、中プロは降り番なの。」
という風な言い方をします。

「プロ」というのはプログラムの略で、オケでの会話では時にそれさえも省略されることがあります。

例)「メイン(の曲)が決まったので、前・中の候補曲を少し絞っていきましょう。」


- HOME -
このページについて
オーケストラでホルンを吹いてるアマチュアホルン吹きが、音楽がもっと楽しくなる情報をお届けします。クラシックのあれこれ、オーケストラ人間の楽しい(おかしな!?)日々などを通じて、クラシックに親しみにを持ってもらえればと思います。 そうはいっても、はっきり言って素人です。ですから、用語・曲の解説・解釈は、私なりの理解で書いています。なるべくウソの無いように書いているつもりですが、間違いがあるかもしれません。ご了承ください。
実はこっそり獣医師なので、獣医な話もするかも。
プロフィール
HN:
はな
性別:
女性
趣味:
ホルン吹き 
自己紹介:
オケにいます。
ホルン歴19年。
音楽は私の半身です。
使用楽器:ハンスホイヤー802GAL
マウスピース:STORK 10C

このブログが面白いと思ったら、押してやってください。
ランキングに参加してます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
管理者用
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アマゾンのお勧め




音楽が楽しくなるモノたち
「音楽が楽しくなるモノたち」で紹介するモノたちは、すべて楽天で購入できます♪ 画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

のだめカンタービレフェルトケンバンバッグ
ドラマ「のだめカンタービレ」でのだめが持っていたレッスンバッグです。コミックでのだめが持っていたものを忠実に再現したもので、実際レッスン用として使うのに便利な工夫がたくさん詰まっています。ちょっとお値段は張りますが、厚手のフェルト生地と本革の持ち手が丈夫なので長く使えます。
価格 7,770円(税込)
ミュージック・フォ・リビング
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ