忍者ブログ
アマチュア・オーケストラのホルン吹きが、クラシック音楽やオーケストラの楽しさをお伝えします。クラシックをもっと楽しく、もっと身近に感じてもらえれば嬉しいデス♪
オーケストラのリンク
那須フィルハーモニー管弦楽団非公式ホームページ
私の所属していたオーケストラです。
2人目妊娠した為3月の演奏会には出られないので、現在休団中。
栃木ホルンクラブ
栃木県最大のホルニスト集団。メンバーの多くは栃木県交響楽団(通称:栃響、県内最大のアマチュアオケ)に入っています。次の演奏会はいつなんだろう・・・。
栃木県交響楽団
通称、栃響(とちきょう)。県内最大のアマチュアオーケストラ。那須フィルの定期演奏会には栃響の方にお手伝いをお願いして、一緒に演奏してもらっています(那須フィルのメンバーだけでは演奏する為の人数が足りないので)。2011年に入団しまして、6月の定期演奏会から団員として参加しています。
TOMO's ROOM
大学時代のオケの後輩、TOMO氏のホームページ。オリジナル曲やホルンアンサンブル曲などがアップされています。
獣医なリンク
石井動物病院
石井一功先生のHP。私のもっとも尊敬する先生。
牛獣医師のアグリコーチング現場
山本浩通獣医師のブログ。「農家さんに、前向きに楽しく家畜の疾病予防に取り組んでもらうには、獣医師には何ができる?」多くの獣医師を悩ませたこの問いに対しての、一つの答え。畜産現場でのコーチングについて、早くから気付いていらっしゃった。すごい。
安全安心な国産牛乳を生産する会
バイオエタノール燃料開発の煽りを受けてエサ代が高騰し、原油価格も上昇。それなのに牛乳の価格は30年前からわずか10円しか変わっていません。このままでは酪農経営が立ち行かなくなってしまいます。牛乳価格30円upにご理解とご協力を!!



広告
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
うしグッズ
うしグッズで紹介するモノたちは、すべて楽天で購入できます♪画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

flying pig フライング・ピッグ[ルミネーションズ]
組み立てて、ハンドルをぐるぐる回すと牛が咀嚼します!妹にもらったの、まだ組み立ててないデス。なんかもったいなくて。。。
価格840円(税込)


lamb-lamb ipod 2nd NANO Tattoo skin [Milk cow]
iPod NANO専用のスキン。これでiPodもお気に入りの牛柄に♪
価格945円(税込)
あなろ(インテリア雑貨)




牛柄 モーモーツイルプリント
牛柄の生地を見つけました♪これでオリジナルウシ柄グッズを作れますよ~。
価格60円(10cmあたり、税込)
マブチネットショップ

お買物は楽天で♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



最近、獣医療で必要になってきているコーチングとかコミュニケーションのセンスとかいったものと、音楽との間に共通するものがたくさんあると感じています。

実は今年になって、コーチングの連続講座を受講し始めました。月に2回くらい、東京の教室に通っています。ここで学んでいることは、いろいろな人やものと自分との間にはコミュニケーションが起こっているということを感じるセンスです。そのうち、もう少しコーチングに踏み込んだ内容の講座になってくると思いますが、その前段階として、コミュニケーションとは何ぞや?ということが主な内容になっています。


この講座の講師の先生は、いつも
「コミュニケーションはするものじゃない。起きてくるものだ。」
と言います。


自分自身に起きていることや、自分以外のものと自分との間に起きていることを感じ取るセンスが、コミュニケーションには大切なのだ、ということなのではないかと前回の講座を受講した時点ではそう思っています。



コーチングという一見まったく異なる分野に、こんなにも音楽する上で必要なセンスと共通点の多いものがあるなんて思いもよりませんでした。


音楽をする上で大切なことは「空気を読む」ことだ、と前回の記事に書きました。私たちがオケで演奏する時、身のまわりのいろいろな人やものとの間でコミュニケーションが起きています。
指揮者、隣に座っている人、自分のパートの他の人、自分の吹いている楽器そのもの、同時に音を鳴らしている他のパートの人、ホール、楽譜、コンサートマスター(またはミストレス)、音そのもの、時間・・・などなど。
音楽をするときにはそれらすべてを感じること、感じ取ろうと努力することが、奏者には必要なのです。



この講座にご興味のある方は、一度講座のホームページをご覧いただければと思います。
5月13日(平日の昼間ですが・・・)に、体験講座があります。気持ちが軽ーくなって、難なく成果が出せるようになるかもしれませんよ。

コーチング体験講座 「パラダイム」
http://www.communication.ne.jp/modules/eguide/event.php?eid=18
PR


音楽を演奏する上で(特に誰かと一緒に音楽をする上で)、技術はもちろん大切です。
これは間違いありません。
表現したいことがあっても、それを表現するための技術がなければ人に伝えることはできません。
ですから、自分の出したい音をある程度思い通りに出せる技術はなくてはなりません。

でもこれは一番ではありません。


音楽をする上で、最も大切なのは、流れを読む感受性です。
空気を読む力です。


だれが何の音を出しているか、どんな動きをしているか

全体の中で、自分はどんな役割を果たしているか

指揮者は自分に何を求めているか

ひとつひとつの音符に込められた、作曲者の想いはなにか

今、オーケストラ全体の空気はどうなっているか(戦々恐々としているのか、戸惑っているのか、よろこんでいるのか)



これらがつかめるようになると、特別意識しなくても自然とその場にあった音が出せるようになってきます。



その場の空気を読んで即座にその流れに沿った演奏をできる人(要するに、とても上手な奏者)を見ていると、日常生活でもコミュニケーション能力の高い人が多いように思います。
逆に、技術的にはほとんど問題ないのに音楽の流れが読めず、周りの人とテンポや音程がずれていることに気付かないで自分の演奏だけに没頭してしまったり、その曲のその場面にふさわしくない場違いな音を出したり演奏をしたりする人には、日常でも「空気が読めない」人が多いようです。


先日、読もう読もうとずっと思っていた本を買いました。
N響のオーボエ奏者、茂木大輔先生の名著、『オーケストラ楽器別人間学』です。



ホルン吹きの性格のところを読んでいて、思わず笑ってしまいました。
トロンボーンはどこへ行っても酒豪が多いんですねぇ。

ホルンパートはさらに、上吹きと下吹きとで性格が違います。
性格の違いの説明の前に、ホルンパートの上吹きと下吹きについて説明しましょう。


オーケストラには、その楽器ごとにジョークがあります。

いちばん有名なのは”びよらジョーク”と呼ばれるもので、ビオラ奏者のことを(時にはビオラ奏者自身が)笑い飛ばすブラックユーモアです。なぜビオラにだけ膨大な量のジョークが作られているのかは分かりませんが(それに関する論文もあるらしい!)、とても愉快なジョークです。興味のある方は「びよらジョーク」で検索してみてください。間違えて「ビオラジョーク」としてはいけません。あくまで「びよら」です。

さて。
びよらジョークに感化されてか、他の楽器にもジョークがあります。

私が「面白い!」と思ったジョークを2つばかり紹介しましょう。


- HOME -
このページについて
オーケストラでホルンを吹いてるアマチュアホルン吹きが、音楽がもっと楽しくなる情報をお届けします。クラシックのあれこれ、オーケストラ人間の楽しい(おかしな!?)日々などを通じて、クラシックに親しみにを持ってもらえればと思います。 そうはいっても、はっきり言って素人です。ですから、用語・曲の解説・解釈は、私なりの理解で書いています。なるべくウソの無いように書いているつもりですが、間違いがあるかもしれません。ご了承ください。
実はこっそり獣医師なので、獣医な話もするかも。
プロフィール
HN:
はな
性別:
女性
趣味:
ホルン吹き 
自己紹介:
オケにいます。
ホルン歴19年。
音楽は私の半身です。
使用楽器:ハンスホイヤー802GAL
マウスピース:STORK 10C

このブログが面白いと思ったら、押してやってください。
ランキングに参加してます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
管理者用
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アマゾンのお勧め




音楽が楽しくなるモノたち
「音楽が楽しくなるモノたち」で紹介するモノたちは、すべて楽天で購入できます♪ 画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

のだめカンタービレフェルトケンバンバッグ
ドラマ「のだめカンタービレ」でのだめが持っていたレッスンバッグです。コミックでのだめが持っていたものを忠実に再現したもので、実際レッスン用として使うのに便利な工夫がたくさん詰まっています。ちょっとお値段は張りますが、厚手のフェルト生地と本革の持ち手が丈夫なので長く使えます。
価格 7,770円(税込)
ミュージック・フォ・リビング
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ