忍者ブログ
アマチュア・オーケストラのホルン吹きが、クラシック音楽やオーケストラの楽しさをお伝えします。クラシックをもっと楽しく、もっと身近に感じてもらえれば嬉しいデス♪
オーケストラのリンク
那須フィルハーモニー管弦楽団非公式ホームページ
私の所属していたオーケストラです。
2人目妊娠した為3月の演奏会には出られないので、現在休団中。
栃木ホルンクラブ
栃木県最大のホルニスト集団。メンバーの多くは栃木県交響楽団(通称:栃響、県内最大のアマチュアオケ)に入っています。次の演奏会はいつなんだろう・・・。
栃木県交響楽団
通称、栃響(とちきょう)。県内最大のアマチュアオーケストラ。那須フィルの定期演奏会には栃響の方にお手伝いをお願いして、一緒に演奏してもらっています(那須フィルのメンバーだけでは演奏する為の人数が足りないので)。2011年に入団しまして、6月の定期演奏会から団員として参加しています。
TOMO's ROOM
大学時代のオケの後輩、TOMO氏のホームページ。オリジナル曲やホルンアンサンブル曲などがアップされています。
獣医なリンク
石井動物病院
石井一功先生のHP。私のもっとも尊敬する先生。
牛獣医師のアグリコーチング現場
山本浩通獣医師のブログ。「農家さんに、前向きに楽しく家畜の疾病予防に取り組んでもらうには、獣医師には何ができる?」多くの獣医師を悩ませたこの問いに対しての、一つの答え。畜産現場でのコーチングについて、早くから気付いていらっしゃった。すごい。
安全安心な国産牛乳を生産する会
バイオエタノール燃料開発の煽りを受けてエサ代が高騰し、原油価格も上昇。それなのに牛乳の価格は30年前からわずか10円しか変わっていません。このままでは酪農経営が立ち行かなくなってしまいます。牛乳価格30円upにご理解とご協力を!!



広告
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
うしグッズ
うしグッズで紹介するモノたちは、すべて楽天で購入できます♪画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

flying pig フライング・ピッグ[ルミネーションズ]
組み立てて、ハンドルをぐるぐる回すと牛が咀嚼します!妹にもらったの、まだ組み立ててないデス。なんかもったいなくて。。。
価格840円(税込)


lamb-lamb ipod 2nd NANO Tattoo skin [Milk cow]
iPod NANO専用のスキン。これでiPodもお気に入りの牛柄に♪
価格945円(税込)
あなろ(インテリア雑貨)




牛柄 モーモーツイルプリント
牛柄の生地を見つけました♪これでオリジナルウシ柄グッズを作れますよ~。
価格60円(10cmあたり、税込)
マブチネットショップ

お買物は楽天で♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



3月7日は、那須フィルの定期演奏会でした。
今年は、那須のが原ハーモニーホールの養成講座(オーケストラ、合唱、少年少女合唱)の15周年記念だとか何とかで、歌劇「カルメン」(日本語訳詞バージョン)全曲を合唱講座、少年少女合唱講座、オーケストラ養成講座(那須フィル)+二期会のソリストの共演で演奏するという、ある意味無謀なプログラム(^^;

しかし、どうもかなり話題を呼んだようで、発売後3時間でチケット完売したという、どこの有名オケのコンサートだよ?(汗)という予想外の展開だったとのこと。

まー、直前でもなんとかなるだろう、予定立てにくいし、間近になっていけそうだったらチケット手配しようかな~、などと悠長に構えていた私がアホでした。思えば数年前から(そう、ちょうど渡邊先生が那須フィルを振ってくださった最初の年あたりから)、那須フィルはなんだか波に乗っているのでした。なんだかんだで渡邊先生とは3年連続でお世話になったのですが、1年目のシベ2に始まって、2年目はまさかのショス5(しかもフタを開けてみたら超名演、だったという)。3年目はあり得ないと思ってたけど、渡邊先生の「できるんじゃない?」の一言でマーラー1番。そしてそれぞれ、間でやったコンサートも含めて、どれも大盛況だったのでした。


ごめん、みんな。
私、甘く見てたわ。


そんなわけで、子どもも小さすぎることもあって、本番は聴きに行かないことにしたのでした。
(それと、正直いうと、聴衆のマナーが悪くて気分を害されるのもつまらないし・・・と思ってたのもあるけど)


でも、それではあんまりつまらないので、旦那にチビ太の子守りをお願いして前日夜のゲネ・プロをちょっとだけ聴かせてもらいに行きました。


メーリングリストで送られてくる練習の連絡をみていて、とても頑張って練習していることは知っていましたが、ホントにすごく頑張ったんだなー、という感じの演奏。
もちろんプロじゃないから、ところどころ事故が起きたり、ソリストにしなやかにより添えなかったり、危なっかしいところもありましたが、とても明るく、楽しく、みんなで作り上げている音楽でした。

ゲネ・プロなのに、感動。

当日の様子がどうであったのかは、なんとなくでしか知り得ませんが(どんなに言葉の限りを尽くしても、当日その場の体験は絶対にできないですから)、とりあえず次の日の下野新聞にその模様が掲載されたとのこと。


私が最初に入った時は、どうなることかと思っていたオケでしたが・・・
とてもよいオケです、那須フィル。
よいオケに、成長しました。
方向性は違うけど、栃響にも引けを取らないわ。
胸張って「那須フィルです」って言える。
すごいすごい!
嬉しいなぁ!

そして、今年はやっぱりオケに戻るぞ。と決意を新たに、昨日も楽器を出してティルとかさらっちゃったりして、自分がどれだけなまっているかを思い知らされたのでした。ちゃんちゃん。
PR


ちょっとかなり興奮してます。
びっくりです。
狭すぎです。

那須野が原ハーモニーホール主催のオーケストラ養成講座。
私もタイタントップで乗ったオケですが、先日届いた那須野が原ハーモニーホール友の会会報に、来年度の受講生(まぁ、ほぼ団員みたいなものですが)の募集記事が載っていました。来年度の講師をみてびっくり。


大井剛史氏



知ってるもなにも、一橋大オケで合奏のトレーナーだった指揮者さんです。
卒団してからずっとお会いしていないし、在団中もそんなに親しくお話したこともなかったので、先生は覚えていらっしゃらないかと思いますが、私はよく覚えていますとも。

これをみて、一気にオケに戻る気満々になりました。
子どもがどうとかいってる場合じゃありません。

いやー、本気でどうやって戻るか考えよ。


私の所属するオーケストラの定期演奏会が近づいてきました。
私は現在妊娠中で7月30日出産予定なので、今回の演奏会が終わったらしばらくオケに乗らない予定です。

以下、ご案内。
いろいろ制約があるため(内部事情ってやつです)、お問い合わせは那須野が原ハーモニーホールに直接お願いいたします。



那須野が原ハーモニーホール オーケストラ養成講座
那須フィルハーモニー管弦楽団 第11回定期演奏会


■日時
  2009年3月8日(日)13:30開場 14:00開演
■会場
  那須野が原ハーモニーホール 大ホール
■指揮
  渡邉 康雄(わたなべ・やすお) プロフィールはこちらをご覧ください
■曲目
  バルトーク:ビオラ協奏曲 ビオラソロ・・・金 孝珍(きむ・ひょじん)
  マーラー:交響曲第1番ニ長調 「巨人」

入場無料

■お問い合わせ
  那須野が原ハーモニーホール
  〒324-0041 栃木県大田原市本町1-2703-6
  TEL 0287-24-0880  FAX 0287-24-1611
  携帯電話版 http://www.nasu-hh.com/m/



私はマーラーの交響曲第1番でホルントップを吹きます。
ソロたくさんです。プレッシャーです。
でも吹いちゃいます。
最高にいい音楽を創りたいので。

楽しみにしていてください。


ホルンという楽器は、実にへんてこな楽器です。

ヘンテコその①
テューバよりも管の全長が長いのに、金管楽器の中ではトランペットの次に高い音域を持っている。

楽器というのは普通、図体が大きくなればなるほど、また管が長くなればなるほど、低い音が出ます。
例えば、ヴァイオリンは高い音が出ますが、コントラバスはその何オクターブも低い音が出ます。ティンパニーも小さいものは高い音、大きなものは低い音が出ます。リコーダーも、ソプラノリコーダーに比べてアルトリコーダーの方が管の全長が長く、低い音が出ます。

このように、管の長さだけをとって言えば、ホルンはテューバよりも低い音が出てもおかしくはないのです。

ところが、ホルンのマウスピース(唇を振動させて音を出す部品:写真参照)はテューバよりもずっと小さく、トランペットと同じくらいの大きさしかないのです。
振動させる部分が小さいということは、振幅は当然小さくなり、高い音が鳴ります。

それだけが原因ではなく、管の太さが細いため、ということもありますが、それとマウスピースの小ささも相まって、管の長さの割に高音域を出す楽器になっています。


ヘンテコその②
ベルの中に手を突っ込んで演奏する

管楽器の中では唯一、ベルが後ろを向いており、演奏する時はベルの中に右手を入れて楽器を支えながら演奏します。
ベルの中に入れた右手は何をしているのか、というと、楽器を支える他に、微妙な音程の調節をしていたり、音色の調節をしていたりします。

ベルを手に入れて演奏する楽器であるがゆえに、ホルンには「ゲシュトップ」という特殊な奏法があります。
これは、音の出口を右手で完全にふさいでしまう奏法で、ミュートともまた違った、蚊の羽音のような少し耳障りなヒステリックな音がします。
演奏上の話をすると、ベルを完全にふさいでしまった時に、音は普通演奏時より半音上がります。したがって指使いは半音下の指使いになります。しかし、この奏法は音程が安定していないので、半音下の指使いでは調子っぱずれになってしまうこともしばしば。最もいい音程で吹ける指を探すのに一苦労します。

ちなみにゲシュトップは、マーラーが好んで使用した奏法です。


ヘンテコその③
木管楽器とも仲間

マウスピースの中で唇を振動させて音を出す真鍮製の楽器なので、分類としては金管楽器なのですが、木管楽器とも仲良しです。

ベルが後ろ向きで、管が複雑にぐるぐると巻かれている楽器なので、直接的でなく柔らかい音色を持つホルンは、木管楽器の柔らかい音ともよくなじみます。
金管5重奏ではもちろんのこと、木管5重奏にもホルンが入っています。
金管5重奏の一般的な編成は、第1トランペット・第2トランペット・ホルン・トロンボーン・テューバ
木管5重奏の一般的な編成は、フルート・オーボエ・クラリネット・ホルン・ファゴット


時々、使用楽器のことを聞かれるので、私の使用楽器について少しご紹介します。
このブログを書いている意図は「いままでクラシックになじみのなかった人や、これからクラシックを聴いてみたいと思っている人に、クラシック音楽やそれを演奏しているオーケストラの面々の面白い話を読んでもらって、気軽にクラシックを楽しんでもらいたい」というものですので、すでにクラシックに親しんでいらっしゃる方にはもしかすると物足りないかもしれません。ご了承ください。

さて。
まず、私が今使っているのは「ハンスホイヤー」という、旧東ドイツ(だと思う・・・)のメーカーの楽器で、品番は「802GAL」です。

金管楽器は"brass"というその名の通り、真鍮でできています。
真鍮ですから銅と亜鉛の合金で、銅の割合や、メッキの種類によって見た目と音色が変わります。

真鍮は、銅と亜鉛の合金で、かつ銅が主成分の合金をそう呼んでいます。銅と亜鉛の比率で金属の色が変わることから、銅70%+亜鉛30%という組成を「イエローブラス」、銅85%+亜鉛15%を「ゴールドブラス」、銅90%+亜鉛10%を「レッドブラス」と呼んでいます。
パイパーズ ウェブサイト 記事ライブラリー
”ヤマハ設計者に聞く、金管楽器の材料とメッキの基礎知識「ブラス」の話”より引用

銅を含む割合によって音色等にどんな違いがあるのかは、上記リンクの記事に詳しく書かれていますので、興味のある方はそちらを参考にしていただければと思います。ただ、ちょっと専門的で分かりにくいかと思いますので、誤解を恐れずに簡単に言いますと、銅の割合が増えるほど、柔らかく厚い響きになりますが、いくぶん音の輪郭は不鮮明になりやすいです。

私の使用楽器はゴールドブラスです。
F/B♭フルダブルです。

専門的に言えば、ホルンは移調楽器です。
どういうことかというと、ホルンにとっての「ドレミファソラシド」は、ピアノにとっての「ファソラシ♭ドレミファ」だということです。
これだけでは分かりにくいですね。

西洋の音楽(≒五線譜に書き起こせる音楽)は、基本的にピアノの音階に従います。ピアノの基本の音階は「ド」の音から始まります。
ピアノの基準音

ところが、ホルンが自然に吹く音階はピアノとはずれているのです。なぜずれているのかは分かりませんが、楽器の進化の過程で、自然とそうなってしまったようです。
そんなわけで、ホルン奏者に「ホルンにとっての「ドレミファソラシド」を吹いて下さい」というと、ホルン奏者はピアノでいうところの「ファ」の音から始まる音階を吹くわけです。
ホルンの基準音


ここまでですでに「ややこしくて、分からない」という方には、この先の話はもっと分かりにくいかと思いますが、よろしくお付き合い下さい。

ピアノでいう「ファ」の音には「F」という名前がついています。
オーケストラや吹奏楽で演奏するホルンの譜面には大抵 "in F" と書いてあります。これは「ピアノでいう「ファ」の音(=Fの音)を「ド」の音とみなしてこの楽譜を描きますから、この楽譜に書いてある「ド」の音はピアノでいう「ファ」の音として吹いて下さい。」という意味です。でも、ホルンはもともと「ファ」の音からはじまる音階を持っている楽器ですから、"Horn in F"と書かれた譜面はそのまま、ホルンにとっての「ドレミファソラシド」として読んでいい、ということになります。

すみません、これ以上簡単に書けないので、分からない方はそのままでいいです。

鋭い方は、ここでお気づきになるかもしれませんが、先ほど私の楽器は「F/B♭フルダブル」と書きました。「ホルンはin Fの楽器なのに、どうしてB♭が関係あるの?」と思われた方もいるかと思います。
この話をするともっとややこしくなるのですが・・・これには、ホルンという楽器の特性が関係しています。

ホルンはもともとFの音階をもった楽器ですが、F管はホルンにとって管の長さが少し長すぎるのです。管の長さが長いと音色はホルンらしいいい音が出るのですが、操作性が悪くなります。音をコントロールするのが技術的に難しく、近現代曲のようなアクロバティックな動きをするのに高度な技術を要求されてしまうのです。
この技術面の難しさをカバーするために、管の長さを少し短くした楽器を使用することがあります。ただし、管を短くした分、この楽器は基準の音がFではなくなってしまいました。ピアノでいう「シ♭」の音= "B♭"という名前の付いた音が基準の音になってしまったのです。

さらにややこしいことに、もともとホルンはF管ですからFの音を基準にして音の世界を見ているので、B♭管を使用したとしてもB♭管で、F管と同じ、ピアノでいうところの「ファソラシドレミファ」の音階を吹いてしまうのです。そうするとどういうことが起こるかというと、一部に指使いが非常に難しい箇所や音程がどうにも悪くて具合の良くない箇所が出てきてしまうのです。

さて、そこで「F/B♭フルダブル」はどういう楽器かということです。

これは、上記のF管とB♭管を、親指のキー一つで切り替えができる楽器、ということです。つまり、操作性の面をB♭管でカバーしつつ、音色や音程の調整がB♭管では難しいところはF管に切り替えて吹ける楽器、ということなのです。

今日はややこしい話にお付き合い下さいまして、ありがとうございます。ホルンはそんなややこしいバックグラウンドを抱えて、ひな壇の上で奮闘していることをご理解いただければと思います。




- HOME -
このページについて
オーケストラでホルンを吹いてるアマチュアホルン吹きが、音楽がもっと楽しくなる情報をお届けします。クラシックのあれこれ、オーケストラ人間の楽しい(おかしな!?)日々などを通じて、クラシックに親しみにを持ってもらえればと思います。 そうはいっても、はっきり言って素人です。ですから、用語・曲の解説・解釈は、私なりの理解で書いています。なるべくウソの無いように書いているつもりですが、間違いがあるかもしれません。ご了承ください。
実はこっそり獣医師なので、獣医な話もするかも。
プロフィール
HN:
はな
性別:
女性
趣味:
ホルン吹き 
自己紹介:
オケにいます。
ホルン歴19年。
音楽は私の半身です。
使用楽器:ハンスホイヤー802GAL
マウスピース:STORK 10C

このブログが面白いと思ったら、押してやってください。
ランキングに参加してます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
管理者用
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アマゾンのお勧め




音楽が楽しくなるモノたち
「音楽が楽しくなるモノたち」で紹介するモノたちは、すべて楽天で購入できます♪ 画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

のだめカンタービレフェルトケンバンバッグ
ドラマ「のだめカンタービレ」でのだめが持っていたレッスンバッグです。コミックでのだめが持っていたものを忠実に再現したもので、実際レッスン用として使うのに便利な工夫がたくさん詰まっています。ちょっとお値段は張りますが、厚手のフェルト生地と本革の持ち手が丈夫なので長く使えます。
価格 7,770円(税込)
ミュージック・フォ・リビング
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ