忍者ブログ
アマチュア・オーケストラのホルン吹きが、クラシック音楽やオーケストラの楽しさをお伝えします。クラシックをもっと楽しく、もっと身近に感じてもらえれば嬉しいデス♪
オーケストラのリンク
那須フィルハーモニー管弦楽団非公式ホームページ
私の所属していたオーケストラです。
2人目妊娠した為3月の演奏会には出られないので、現在休団中。
栃木ホルンクラブ
栃木県最大のホルニスト集団。メンバーの多くは栃木県交響楽団(通称:栃響、県内最大のアマチュアオケ)に入っています。次の演奏会はいつなんだろう・・・。
栃木県交響楽団
通称、栃響(とちきょう)。県内最大のアマチュアオーケストラ。那須フィルの定期演奏会には栃響の方にお手伝いをお願いして、一緒に演奏してもらっています(那須フィルのメンバーだけでは演奏する為の人数が足りないので)。2011年に入団しまして、6月の定期演奏会から団員として参加しています。
TOMO's ROOM
大学時代のオケの後輩、TOMO氏のホームページ。オリジナル曲やホルンアンサンブル曲などがアップされています。
獣医なリンク
石井動物病院
石井一功先生のHP。私のもっとも尊敬する先生。
牛獣医師のアグリコーチング現場
山本浩通獣医師のブログ。「農家さんに、前向きに楽しく家畜の疾病予防に取り組んでもらうには、獣医師には何ができる?」多くの獣医師を悩ませたこの問いに対しての、一つの答え。畜産現場でのコーチングについて、早くから気付いていらっしゃった。すごい。
安全安心な国産牛乳を生産する会
バイオエタノール燃料開発の煽りを受けてエサ代が高騰し、原油価格も上昇。それなのに牛乳の価格は30年前からわずか10円しか変わっていません。このままでは酪農経営が立ち行かなくなってしまいます。牛乳価格30円upにご理解とご協力を!!



広告
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
うしグッズ
うしグッズで紹介するモノたちは、すべて楽天で購入できます♪画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

flying pig フライング・ピッグ[ルミネーションズ]
組み立てて、ハンドルをぐるぐる回すと牛が咀嚼します!妹にもらったの、まだ組み立ててないデス。なんかもったいなくて。。。
価格840円(税込)


lamb-lamb ipod 2nd NANO Tattoo skin [Milk cow]
iPod NANO専用のスキン。これでiPodもお気に入りの牛柄に♪
価格945円(税込)
あなろ(インテリア雑貨)




牛柄 モーモーツイルプリント
牛柄の生地を見つけました♪これでオリジナルウシ柄グッズを作れますよ~。
価格60円(10cmあたり、税込)
マブチネットショップ

お買物は楽天で♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



子供を寝かしつけるときにうっかり一緒に寝てしまうと、ヘンな時間に目が覚めてその後寝つけなくなるのです。
それでこんな時間の更新。


クラシックを聴く上で、作曲家についての知識や作曲当時の時代背景、社会情勢なんかは、知っていればより深く聴けるしより深く楽しめるしけど、知っていることは必須ではありません。


でも、演奏する立場になったら、たとえアマチュアでもそれは必須です。音のひとつひとつをどう表現するのか、それらを知らなければ判断ができません。

シューマンがベートーヴェンよりも後の人か前の人か。どこの生まれで何語を話していたか。それを知ると知らないとでは、演奏の仕方がまるで変わってしまうのです。
PR


・・・こんばんは|д゚)コソーリ

その後いろいろ身の回りに変化がありました。

3月の震災後、那須フィルの定期会場になるはずだった那須野が原ハーモニーホールが被災して大規模な補修が必要になったため、定期演奏会は一度は白紙になりました。
その後、例年なら名曲コンサートをやる9月に、今回は特別演奏会として3月に演奏するはずだった3曲を演奏する機会が設けられました。
ソリストの濱崎さんのスケジュールもおさえることができ、コンチェルトも変更なく演奏されました。

9月18日、那須フィルハーモニー管弦楽団特別演奏会は無事開演の運びとなり、舞台裏ではいろいろアクシデントもありましたが、つつがなく終了いたしました。

後で録音を聴いてみました。今までの那須フィルの演奏で、一番オーケストラらしい演奏だったのではないかと思います。個人的にはいろいろ思うところあって、精神的にかなりつらかったのですが。「ツラい」を漏らせるメンバーが団員にいなかったのもなかなか・・・。

次回演奏会は、2012年3月11日。奇しくも震災から丸1年のその日です。
私はといいますと、特別演奏会の直前に第2子の妊娠が判明して予定日が5月ということなので、曲目も曲目だし(後述します)、個人的には上記のようなことも抱えていましたので、次回以降復帰の予定は立てず休団することにしました。

3月11日の那須フィルの演奏会、曲目は以下のとおりです。

ハチャトゥリアン 組曲「仮面舞踏会」
クーセヴィツキー コントラバス協奏曲
チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」

見ての通り、オールロシアプロです。
そういう事情ですので私は演奏に参加しませんが、よろしかったら足をお運びください。那須野が原ハーモニーホール大ホール、14時開演です。
指揮はもちろん、大井剛史氏です。


さて。


くにたち室内管参加から少しした頃、那須フィルにいつもエキストラで来てくださっていた栃響の団員さん(ホルン吹き)から私個人に連絡がありまして。何でも、栃響のホルンが人数足りないから一緒にやらないか、とのこと。

それまで栃響といったら、エキストラの集団みたいなすごーく上手い人達ばかりのオーケストラ、という印象を持っていたので、雲の上の存在みたいに思っていました。まさかそれが、あちらからお声がかかるとは。

でもそれまで那須フィルでずっとやってきていて、私程度で(本当にそう思っていました)栃響で通用するのだろうか??という不安があり、少し躊躇っていました。

そこで活きてきたのが、くにたち室内管に乗った、その経験でした。
室内管のメンバーは大学時代からよく知る仲間ばかりでしたが、皆上手くて耳もいい人達ばかり。室内管に乗るときも、私で通用するのか?という不安がありました。
いざ乗ってみて、まだまだ足りない部分はあるけど、もしかしたらそんなに悪くないかもしれない、結構いろんなところでやっていけるかもしれない、という自信が少しだけついていました。室内管と那須フィルを並行して乗るうちに、那須フィルの練習時に音の聴こえ方が少し変わりましたし、自分の吹き方の捉え方も少し変わりました。
このへんはプレイヤーじゃないとちょっと分かりにくい話かもしれませんが、オーケストラの中で演奏するときに、どのくらいほかの人の出している音が聴こえているか、ということは自分の演奏に大きく影響するのです。自分の出す音だけでなく、他の人の音がどのくらい聴けているかがプレイヤーの質を左右しています。


結局、栃響のお誘いにはOKのお返事をしました。
まだ子どもは小さいですし、これからまだ子どもが欲しいと思っていましたから(その当時は2人目はできていなかったので)、そんなに何曲もは吹けないということはお伝えしてありましたが、それでもいい、ということでしたので、出来る範囲で演奏に参加させていただくことにしました。
いつかは乗りたいと思っていた憧れのオーケストラでしたから、正直、嬉しかったです。ホルンのメンバーは栃木ホルンクラブでご一緒したことある方ばかりでしたので、知らない人のなかで一人で吹くという状況でもなく、そういう点での不安はそんなにありませんでした。


6月18日、栃木県交響楽団第91回定期演奏会が栃響デビューでした。
曲目は、ストラヴィンスキー:組曲「火の鳥」1919年版、シベリウス:ヴァイオリン協奏曲(ソリストは木野雅之先生)、ベートーヴェン:交響曲第7番。
私はシベリウスの3rdHrnだけの出番でした。
新しいオーケストラでの初めての演奏で珍しく少々緊張しました。
出来は・・・んんん、イマイチ(個人的に)。


で、ここからがやっと今のハナシです。

6月の栃響の演奏会、9月の那須フィルの演奏会を終えて、次回は来年1月29日です。

栃木県交響楽団第92回定期演奏会
宇都宮市文化会館大ホール、14時開演
指揮:山下一史
曲目
R・シュトラウス 交響詩「死と変容」
R・シュトラウス オーボエ協奏曲
シューマン 交響曲第1番「春」
詳しくはこちら↓
http://www1.odn.ne.jp/tochikyo/concert.html

当初私の乗り番はシューマンだけのはずでしたが、メンバー不足のため死と変容のアシスタントでも乗ることになりました。ホントは練習回数増えるからできればやりたくなかったのですが、ちょっと断れない状況だったので・・・。


那須フィルにいたら多分乗ることはなかったシューマンとかR・シュトラウスに乗れるのはやっぱり嬉しいですが、練習が大変です。家で吹く時間は格段に増えました。

そんなこんなで、ぼちぼち吹いてます。

また気が向いたら更新します。
(1年後とか・・・・)


超久々!に更新。
ちょっと最近このブログに割く時間がなかなか取れないのと、まだいろいろ考え中なので、更新頻度には期待しないでいてください。すんません(汗)


その1

くにたち室内管弦楽団演奏会

2011年2月6日(日)14時開演

ブラームス ハイドンの主題による変奏曲

R.シュトラウス クラリネットとファゴットのための二重小協奏曲
ソリスト:
Cl 杉山伸(東京フィルハーモニー管弦楽団首席)
Fg鈴木明博(東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団)

シューマン 交響曲第3番「ライン」(マーラー版)

指揮 大井剛史

一橋大学構内 兼松講堂(国立駅より徒歩10分)
入場無料




その2


那須フィルハーモニー管弦楽団第12回 定期演奏会

2011年3月13日(日)14時開演

ベルリオーズ ローマの謝肉祭

ライネッケ フルート協奏曲
ソリスト 濱崎麻里子(第79回日本音楽コンクール フルート部門第2位、第14回コンンセール・マロニエ21 管楽器部門第1位)

ドヴォルザーク 交響曲第8番

指揮 大井剛史

那須野が原ハーモニーホール 大ホール

全席指定 1000円

お問い合わせ
財団法人那須野が原文化振興財団
【那須野が原ハーモニーホール】
〒324-0041 栃木県大田原市本町1-2703-6
TEL0287-24-0880 FAX0287-24-1611
URL:http://www.nasu-hh.com/index.html




お気づきかもしれませんが、両方とも指揮は大井さんです。
大井さんは実は、私が大学時代に入ってたオケの合奏トレーナーでした。
素晴らしい先生です。音楽を楽しませてくださいます。

ああ、もっと大井さんの要求にお応えしたいのに、それだけの腕がないのが歯がゆいところ。もっとうまくなりたい。


・・・名曲コンサートの案内もしないまま、終了してしまいました・・・

録音聴いたら、あんまり下手っぴぃで。でもまたところどころは「いいんじゃなぁ~い?」って感じのところもありつつ。

ちょっと・・・もうちょっと精進します。
はい。

オケの方の役割(会報係やってます)とか、子どもの成長に合わせて仕事(って家事だけど)が増えたり、いろいろ考えるところがあったりして・・・音楽への向き合い方とか、今のオケとの付き合い方(というか、振る舞いというか、うまく言えないけど)とか、そんなこんなで、ちょっと更新が止まっています。

忘れてるわけではないので、そのうちまた更新しますが、ちょっともうしばらくお休みします。

楽しみにしてくださっている方には申し訳ないですが、そんなわけで・・・すみません。


ちなみに次回演奏会は

2011年3月13日
ベルリオーズ 序曲『ローマの謝肉祭』
ライネッケ フルート協奏曲
ドヴォルザーク 交響曲第8番ト長調 作品88

です。
おそらく今回も有料(500円?)です。席指定かどうかは未定。
そのうち那須野ヶ原ハーモニーホールのウェブページやプレイガイドにも載るかと思います。


いや、知ってたんです、今度那須フィルで、大井先生がどの曲を振ろうとなさっているか。MLで流れてましたから。楽譜のコピーを誰がするとかしないとか。

しかし、よりによって1812年ですか。


那須フィルのGPを聴きに行った時、もちろんホルンパートの面々にも挨拶したわけですが、その時に聴いた話によると、どうも人数カツカツでやる予定らしく・・・。


大砲どっかんどっかんの印象が強くて、どんな曲だったのか全体像を半分くらいしか覚えていなかったので、さっき私のCDコレクションのなかから1812年を引っ張り出してきて聴いてみました。


え、やるんだ、これw



ってゆーか、誰が吹くの(; ・`д・´)
特にラッパ。
最後なんて、天下のベルリンフィルでもへばりそうで、聴いててひやひやするじゃん(;・∀・)




・・・ま、いっか。
乗れそうなら乗ろう。


- HOME -
このページについて
オーケストラでホルンを吹いてるアマチュアホルン吹きが、音楽がもっと楽しくなる情報をお届けします。クラシックのあれこれ、オーケストラ人間の楽しい(おかしな!?)日々などを通じて、クラシックに親しみにを持ってもらえればと思います。 そうはいっても、はっきり言って素人です。ですから、用語・曲の解説・解釈は、私なりの理解で書いています。なるべくウソの無いように書いているつもりですが、間違いがあるかもしれません。ご了承ください。
実はこっそり獣医師なので、獣医な話もするかも。
プロフィール
HN:
はな
性別:
女性
趣味:
ホルン吹き 
自己紹介:
オケにいます。
ホルン歴19年。
音楽は私の半身です。
使用楽器:ハンスホイヤー802GAL
マウスピース:STORK 10C

このブログが面白いと思ったら、押してやってください。
ランキングに参加してます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
管理者用
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アマゾンのお勧め




音楽が楽しくなるモノたち
「音楽が楽しくなるモノたち」で紹介するモノたちは、すべて楽天で購入できます♪ 画像をクリックすると詳細ページに飛びます。

のだめカンタービレフェルトケンバンバッグ
ドラマ「のだめカンタービレ」でのだめが持っていたレッスンバッグです。コミックでのだめが持っていたものを忠実に再現したもので、実際レッスン用として使うのに便利な工夫がたくさん詰まっています。ちょっとお値段は張りますが、厚手のフェルト生地と本革の持ち手が丈夫なので長く使えます。
価格 7,770円(税込)
ミュージック・フォ・リビング
Powered by  [PR]
 | 忍者ブログ